これもある意味零×唯派の回と言えるかもしれない。
お互いがお互いを大切に想っている様が垣間見える、そんなエピソード。

おすすめの記事